●ランクルに Brembo GT kit 取付、ローダウン、ドアスピーカーアウター化などなど

 

前回、VELLANO VJK 22インチを

ご装着いただきました、こちらのランクル、

高級鍛造ホイールの隙間から見えてしまう

チープなシルバーの純正ブレーキキャリパーが

どうしても見栄えが悪いので、

前後共に、Brembo GT kit へご交換いただきました!

まずは純正です

Brembo GT kit に交換後です。

ますはフロントです~

本当はキャリパーも違うカラーで塗装したかったのですが

イベントまでの時間がなかったので、

ブラックをそのまま取付させていただきました

リアです~

キャリパーとローターが変わると

とってもキリッとしますね♪

当初、オーナー様は車高を下げたくないとの

ご要望でしたが、

折角ここまでカスタムさせていただきましたので

何卒!何卒!!ナニトゾ!!

と懇願し、車高を下げさせていただきました(>_<)

とは言っても、車高調へ変えたわけではなく、

純正のアクティブサスペンションが付いている

車両でしたので、純正機能に割り込ませる

DATE SYSTEM のコントローラーを取付し、

純正の脚まわりのままローダウンさせていただきました!

車高調整は、ブルートゥース接続で

iPhone や スマホで可能なモデルで、

使い勝手が抜の群であります!!

プリセットは2つまで可能で、

ボタン1つでノーマル車高へ戻せちゃいます。

とても便利です~

そして前回作業出来なかった

オーディオのパートも少し進めさせていただきました。

まずは施工前の純正の状態です。

スピーカーは、

HELIX C1T competition  ツィーター

HELIX C6B competition ドアウーファー

で、それぞれ埋込とアウター化で取付させていただきます。

インナーバッフル部分には、

拘りの木材で制作したインナーバッフルと

取り付けただけで高音質になる

M & M Design PCD-1 という金属バッフルの

ハイブリット構造です。

HELIX C6B competition は4点止めのスピーカー

ですので、スピーカーが駆動した際に

生じてしまう捻じれを対策する為にも

この PCD-1 は有効的です。

金属特有の付帯音や鳴きの対策もしてあります。

パリッとキレとスピード感のある音を

実現するための構成と施工内容になりました。

プロセッサーは、HELIX DSP 2

アンプは、ETON SR60.4

という、フロント2Way マルチシステムです。

それにしても、今回もまた完了できなかった

施工が多々ありました、、、

オーナー様、申し訳ございません。

US純正バンパー探しなどなど

まだまだランクルの進化は止まらなそうです!!

Follow us!