●VW GOLF 7 に carrozzeria TS-V173S 取付、前編!

 

VW GOLF mk7 GTI のオーディオ作業をさせていただきました!

スピーカーは、最近のイチ押し

carrozzeria TS-V173S

アンプも最近のマイブーム

ZAPCO ST-4X SQ

6万円のスピーカーと、5万円のアンプを

ご予算の中で可能な限りの取付をさせていただきました。

まずは作業前のドアです。

純正スピーカーに接続されている

純正の配線、

この線がスピーカーへ音楽信号を伝達

しているのですが、

オーディオ用の配線ではなく、

ただ電気が流れる銅線です。

これはオーディオ用のスピーカーケーブルとは

性質が異なります。

オーディオ用のスピーカーケーブルは

その名の通り、良い音で聴く為の

ケーブルですので、純正のそれとは

全くの別物です。

折角スピーカーを交換されるのでしたら、

スピーカーケーブルまで拘ってみてください。

投資した金額に相応しい音質が手に入ります。

オーディオ用のケーブルに引き直し、

室内からドア内へ通線する為に

ドアカプラーを加工して通線いたします。

非常にナイーブな作業です。

取付させていただく、

carrozzeria TS-V173S の

パッシブネットワークと

ザプコのアンプは助手席シート下へ設置いたします。

専用のボードを制作します。

純正のカーペット色に近い

生地で仕上げました。

助手席シート下に設置いたします。

ザプコのアンプも

助手席シート下に設置いたします。

日本での取り扱いが復活しました

こちらのZAPCO ザプコ

以前は日本でも有名なメーカーでしたが、

代理店がしばらくの間ありませんでしたので

影を潜めていましたが、

HELIX や BRAX、ETON MATCH で

お馴染みの M’s LINE さんが

この度正規輸入元となられましたので

製品、アフターフォロー共に

安心してご提供できるように相成りました。

このアンプのとても気に入った部分が、

海外製品では珍しい、

日本製のパーツをふんだんに使用しているところです。

それでいて、定価は5万円で ABクラスのアンプです。

質もコストパフォーマンスも高いので

ご検討中のお客様各位、是非ご検討リストに

載せていただきたいです。

純正のヘッドユニットから

スピーカー出力でアンプに入力します。

純正デッキのフロントスピーカー出力、

リアスピーカー出力をフルに使用し、

このお車の現状の状態で

持て余すことなくパワーを活用します。

ご一緒にシフトノブも BFI に交換させていただきました!

純正のシフトノブは味気ないですよね、本当に、、、

当店オススメの

BFI シフトノブ

今回は、シルバー/アルカンタラ

タイプにご交換させていただきました。

質感も素晴らしく、

シフトチェンジも、スコンスコンスコンと

スムーズな感触になります。

とってもオススメです。

当店の新デモカーにも

近々交換を行う予定ですので、

手触りなど是非体感してみてください。

続きます。

 

 

Follow us!