Blog

Blog, Wheel

●カナダの Brixton forged wheel オフィスに訪問 その②

2019年3月4日, Author: Applause

バンクーバーの2日目は

いよいよお目当ての

Brixton forged wheel

オフィスへお邪魔してきました

https://brixtonforged.com/

ここで Brixton forged wheel

兄妹ブランドの Skol Wheel

生み出されています。

何をするにもいちいち洒落ている彼らの

オフィスはやっぱり洒落ていました。

このフィニッシュは斬新でした!

ホイールに付けるタグもいちいち

カッコイイんです。

オーダー可能となったカーボンホイール

驚きの軽さでした!!

表に停まっていた M3 に装着されて

いたホイールは、ブリクストンの

ホイールの中ではまだまだ認知度の

低い Flow form モデルでした。

Flow form ホイールとは、

forged (鍛造) ではなく、CAST (鋳造)

の軽量ホイールで近年各メーカーが

力を入れているラインになります。

特徴といたしましては、ずばり価格です

forged (鍛造) よりも安いです。

従来のCAST (鋳造) ホイールはお値段こそ

鍛造に比べて安いですがホイール自体は

非常に重くなってしまうのが特徴でした。

しかし近年、各社が力をいれている

Flow form モデルは名前の通りの

フローフォーミング製法により従来の製法

より高い強度で軽量に制作することが可能に

なりました。スピニングと呼ばれる工程に

よる恩恵も大きい所です。

早い話、鍛造程の高額にお金をかけなくても

デザイン性の高い軽量ホイールを安く買って

いただけるのです。

https://brixtonforged.com/store/radial-forged/

Brixton ではこのFlowform シリーズを

RADIAL FORGED シリーズ

としてラインナップしています。

RADIAL FORGED RF7

RADIAL FORGED CM10

現在の所、RADIAL FORGED

シリーズは上記の2デザインで

対応車種も限られてしまっています

ですが、今回の私のBrixton 訪問の

最大の目的がこの RADIAL FORGED

シリーズのラインナップの拡大です

まだ交渉が始まった段階に過ぎず、

今後どのようになるか全く予測も

つきませんが、APPLAUSE としては

この RADIAL FORGED シリーズで

19インチを制作し、ゴルフ7 をはじめ

AUDI や mercedes にもっと対応した

サイズを現実的な価格で販売できるよう

交渉しています。世界的に注目度が高い

ブランドを手頃な金額でブランドイメージ

は崩さず安く買える!ことが目標です。

forged を買っていただきたいのは

もちのロンなのですが、CAST モデル

の普及は欠かせないと考えております。

進展があれば逐一ご報告させていただきます

それとAPPLAUSE としては

無視できないBrixton の兄妹ブランド

Skol wheel

http://skolwheels.com/

スコール というブランドです。

Brixton と比較してヤンチャで車へ

より低い車高を要求するデザインですが

コンパクトカーやハッチバックの車両で

アグレッシブに車高を下げられる方には

持って来いのブランドです。

forged (鍛造) のみになりますが、

Brixton より安価にお求めいただけますし、

オールドスタイル、クラシックと現代が

融合した斬新なデザインは他との差別化を

ハッキリと表してくれます。

合成写真を作ってみましたが、

車高を下げた GOLF になんかには

それはもう似合います!

skol は輸入車、国産車問わず

車高を結構下げられる車には

ドンピシャでハマるブランドかと

思います。国産ハッチバックなど

長くなってしまいましたが、

新進気鋭の注目度抜群の

Brixton と skol

当店は japan dealer となっております

是非お問い合わせください!!

カナダ出身のシリーズ

Justin Bieber / sorry

Top