Blog

Blog, 加工有りインストール

●電源強化アイテムアツイです!オカルト商品ではありません

2019年2月7日, Author: Applause

まだトラブルが完全に解決できておらず

ご迷惑をおかけしてしまっております

Mercedes Benz S212 Eクラスワゴン

に、audio-technica RX100 + RX60 という

電源を安定させるためのレギュレータと

キャパシターを取付させていただきました

そもそもレギュレータとキャパシタの

違いですがレギュレーターは一定の電圧を

供給させる為の物で、キャパシターは一時的

な電力不足のタイミングで電力を

供給させる為の物です。

家庭用の交流100V の電力と比較して

車は12~14V程の低い電圧となっていますが

電圧は低くても電流は多く流れています。

大型のアンプやハイエンド、

フラッグシップアンプなどは特に大きな信号

が入力されると電流が多く流れます。その

タイミングで電圧は下がってしまいます。

なので電圧を安定させる為にレギュレーター

が必要になってきます。電圧を安定させることで

音の力強さクリア感スピードなどが格段に向上

します。しかしキャパシターと違い電気を蓄えて

おくことはできません。

オーディオテクニカ AT-RX100

の優れている点はバッテリーからの

電源供給が12V程でも14V程の電圧に

昇圧して安定的に電圧をアンプへ

供給することが可能な点です。

以前にも書きましたがサッカーで1人

退場して10人で戦う際はキツイのと

同じで14Vと12Vのその差2Vは非常に

大きく貴重な電力となります。

今回は AT-RX60 というキャパシターも

取付させていただきました。

いくらレギュレーターによって安定した電圧

供給ができていても、大きな電流が流れると

瞬間的に電力不足になってしまいます。

大出力時は特に大量の電流が流れますので

その瞬間的な電力不足の状態のタイミングで

キャパシタに貯めておいた電力を供給し

電力不足をなるべく解消させるのが狙いです。

レギュレーターとキャパシターを

取付けることにより、アンプが本来

持っている潜在能力を限りなく発揮

できる状態にすることができます。

14V程の電圧を安定して供給されると

アンプのパフォーマンスはガラリと良く

なります。

HELIX のソフトウェアも最新版に

バージョンアップさせていただき、

サウンドセッティングを行い完了です。

1点解決できていない問題がありますが

恐らく次回の作業で解決できるはずです

オーナーさまご迷惑おかけしすみません。

音の方は格段に良くなりましたので

お許しください・・・・・

本日の一曲

Nat king Cole / Unforgettable

Top