Blog

Blog, コーディング, レーダー/ドライブレコーダー

Mercedes AMG H247 GLA45S にTVキャンセラー レーダー ドラレコ取付

2020年12月24日, Author: Applause

 

メリークリスマスです!!

何台もお世話になっておりますご常連様のお乗り換え?増車?にて、Mercedes AMG H247 GLA45S にご納車後の基本セットの作業をさせていただきました!

Mercedes AMG という表記になった、AMGシリーズの GLA しかも 45S という希少なモデルです。カッコいい!!

まずはお約束の TV キャンセラー作業です。こちらは最近ご依頼いただくことの増えてきましたメルセデスの現行モデル W177 X118 などとほとんど共通の作業ですのでお陰様で慣れた作業となりました。メルセデスの現行モデルの多くはメーカーの対策によりコーディングによるTVキャンセラー作業は不可となっておりますので、従来通りTVキャンセラーユニットと取付する必要があります。当店ではいつも最も信用が置ける CORE DEV を使用させていただいております。

レーダー一体型ドライブレコーダーはユピテルをお選びいただきました。当店ではレーダーなどを取り付ける際に付属のマウントでダッシュボードにポンと置いての取付はほとんどの場合いたしません。美しくないからです。純正の完成されたインテリア感を極力崩したくないので工夫と手間をかけて本気で取付をさせていただきます。兎にも角にもレーダー類の配線は極力見えない取付を心がけています。現行Aクラス、Bクラス系の派生モデルの定位置はここかと思います。エアコンルーバーを加工してレーダーの配線を裏に引き込んでいますので、レーダーの配線はほぼ見えません。本当に配線が見えるのは嫌いです。

ドライブレコーダーのフロントカメラとレーダーのレーザー部はフロントガラス上段に設置させていただきました。こちらも外からなるべく両面テープ部分が見えないように取付させていただいております。

ドライブレコーダーのリアカメラはリアガラスのこの位置に取付させていただきました。もちろん最小限の配線の露出となっております。

他にも沢山オーダーをいただいておりますので、入荷次第順次作業をさせていただきます。いつもありがとうございます!!

本日の一曲

Crazy Ken Band / プレイボーイ革命

Top