Blog, 純正の見た目のままインストール

GOLF7 に MATCH アンプ内蔵プロセッサー取付

2019年11月24日, Author: Applause

 

前回、スピーカー交換やデッドニング施工、スピーカーケーブルの交換などを施工させていただいた

VW GOLF7GTI に今回は MATCH アンプ内蔵デジタルプロセッサー M-5DSP を取付させていただきました。

取付位置は助手席下になります。前回の施工時に非力でボリュームを上げるとすぐに歪んでしまう

ディスカバープロの対策として純正のフロント+リア出力を使ってフロントスピーカーを効率的に

駆動させるバイアンプ接続の作業もさせていただいておりまして、既にスピーカーケーブルも交換済み

そしてこんなこともあるかとある程度の仕込みをこっそりさせていただいておりましたので、今回の

取付はほとんど下準備のおかげでサクサクと完了できました。

シートを戻すとこのような状態になります。少しだけ見える程のサイズです。

もちろんバッテリーから電源を取り出します。電源ケーブルはやや細目を使用して音のトルクが

増すようにします。しっかりとコルゲートでケーブルを保護し収縮チューブで仕上げます。

スピーカーはコストパフォーマンス抜群の ARCAUDIO ARC6.2 です。6万円台でバイアンプ可能な優秀機です。

こちらのオーナー様はゴリゴリのクラブミュージックを爆音で嗜まれますので、サウンドセッティングも

お好みに合わせて調整します。いつもそうですが調整中についつい楽しくなって聴き入ってしまい調整の

手が止まってしまうのですが、それはもう仕方がないですので、その分のお時間も頂戴しております・・・

しかし、アンプもそうですがプロセッサーの導入によって音は全くの別次元にいきます。

言葉ではお伝えできませんが、必ず大きな変化を体感していただくことができます。

次回は是非 icefuse のライトチューニングをお試しください!!

本日の一曲

Kloud / The Hive

Top