Blog

SEMA SHOW にいってきました その3

2019年11月16日, Author: Applause

 

SEMA SHOW 3日目です。この日も会場をウロウロします。全然目的のブースにたどり着けません

やっぱりアメリカは展示方法も考え方も違うな~と思ったのがこちらです

日本でもお馴染みのスーリーのブースでした。車の下のカウンターの強度なんて全く考えて

なさそうですがなんて奇抜な展示なのでしょう!上に乗っている AUDI 4000 もカッコイイです

ホイールは rotiform ですね。まだまだ rotiform 装着車両は結構ありました。

ゴルフやVWの展示車両が非常に少ない中、H&Rブースで mk7.5  を発見しました。

H&Rの車高調キットでしっかりローダウンして rotiform を装着していました。

ボディカラーに合わせてホイールも塗装されていました。どこもかしこもエアサス+ワイドボディ

が大半の中、車高調+純正フェンダーの1台でした。やっぱりこういうのがイイです。

批判ではないですが、ここまでやったらブレーキキャリパーも塗りたかったですね~

もう1台H&Rブースに展示されていた VW ティグアン!これはイイじゃあないですか

カスタムの手数は少ないですが、バランスよくローダウンしこちらも rotiform を装着です

こっちは forged 鍛造モデルですね。シンプルでサラッと爽やか仕様でそこに乗って行っても

恥ずかしくありません。こんなティグアンだったら乗ってみたいです

なんだか見たことがある気がする mk7.5 GTI です。ホイールはアダプターを使用して

センターロックになっていました。これはいいですね!!どなたかセンターロックアダプター

にチャレンジしていただけませんか!!

VW JETTA GLI も rotiform を装着して展示されていました。本当に VW少ないです。

このラッピングはイヤですが、ラッピングがなければボディカラーもイイですし、

車高調でのローダウンで純正フェンダーのままサラッと rotiform 履いたどこでも行ける

現実的な仕様です。こういうの好きです。そして欲しいです。rotiform のセンターキャップも

ちゃんとレッドを選んでいたり細かい部分まで拘ってますね

SEMAが始まる前から話題になっていた Mercedes W463A ボディキットにエアサスですね

これもホイールは rotiform です

昔は大好きだった DUB は今でも DUB は DUB でした。流行りすたりはありますがブレないのも素敵です。

ちょこっとだけ ADV.1 も展示してありました。ANRKY に張る高級ブランドです。ANRKY はどちらかというと

保守的なデザインが多いですが、ADV.1 は攻めたデザインが多いです。どなたかチャレンジしていただけませんか!

驚いたことに ADV.1 もキャストホイールを販売開始するみたいです。実勢価格もわかりませんし、もしかしたら

ハイエンドカーやパフォーマンスカー用しかラインナップされないかもしれませんね、、、

このクォリティでキャストホイールですからね~フォージドホイールでなくても、、、

なんて思ってしまう方も多いと思います。でもやっぱりフォージドには勝てないです

安定のナルドグレーにホイールは forgiato でした。この辺の車のことはよくわかりません。

このパナメーラもやっぱりエアサスでした。本当にエアサス装着率とっても高いです

VOSSEN ブースは独創的な展示でした。そうですよね決まりはないですもんね。

誰が決めたかもわかっていない謎の常識に縛られることはないですよね!!

このテーブル欲しかったです。でも固定されていないから少し危なかったです

本日の一曲

カフェレーサー / Crazy Ken Band

Top